肩甲骨を意識的に動かしてダイエット

ダイエットの際には意識的に肩甲骨周りを動かしたほうが良いと以前聞いたことがあるので、私は普段からこまめに背中(肩甲骨周り)を動かすように心がけています。

というのは、脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり、白色脂肪細胞は脂肪を溜め込む働きがあり、褐色脂肪細胞には反対にエネルギーを燃焼させてくれる働きがあるのだそう。 そして、そのエネルギーを燃焼させる褐色脂肪細胞は、肩甲骨の周りに沢山あるということを耳にしたのです。肩甲骨周りを出来るだけ刺激することで体温が上がり、効率的にエネルギーが燃焼するらしいのです!そう聞くと、肩甲骨を動かさないわけにはいかないですよね。

例えば、現ドジャース(メジャーリーグ)の前田健太選手の超有名なマエケン体操も、かなり肩甲骨周りを動かしますよね。なので私は、たまにマエケン体操の動きをしたりして肩甲骨を意識的に動かしています。肩甲骨は普段の動きではなかなか動かない部分だと思うので、こうやってストレッチなどで意識的に動かしてあげることがダイエットには効果的なんじゃないかな、と思っています。 また、マエケン体操以外にもチューブやタオルなどを持って頭の後ろに下ろすなどという動きもするようにしています。常に肩甲骨周りに意識を集中するというのが効果をアップさせるポイントだと思っています。 こういった努力で太りにくくなったのはもちろん、背中も多少はすっきりしてきたように思います。これからも継続していくつもりです。

ダイエットのための正しい食事のとり方とは

食事制限によるダイエットをする場合、正しい方法で実践しなければ効果を得ることはできません。毎日食べる食事の分量を少なくすることで、ダイエットをするという方法はごくありふれたものです。食事制限というと絶食するとか、ある特定の食物だけを食べ続けるといった過酷な方法もあります。リバウンドをしないように、身体に負荷のかかるダイエットは避けたほうがいいでしょう。

計画的に食事を改善することで、体にいい痩せ方ができますし、リバウンドにならないように配慮もできます。ダイエットになかなか成功しない人は、偏った食事をしている場合が多くあります。ダイエット時には、食事の栄養のバランスや摂り方が重要になります。献立は野菜や海草を多めにして、食物繊維やビタミン、ミネラルを不足させないようにします。炭水化物は摂りすぎないようにしましょう。

たんぱく質である肉や魚、卵も、体に必要不可欠なものなので、ある程度は食べることが大切です。食事の献立は、栄養のバランスに配慮しつつ、カロリー過多な食事にならないようにすることです。食べたいものを我慢したり、空腹をずっとこらえていると、精神的な部分にも影響が出て、ダイエットがうまくいかなくなったりします。バランスよく、量を食べ過ぎないということを実行していくと、体への負担も少なくダイエットができることに気づくことでしょう。

ウエストだけを集中して細くする事って出来るの?

diet2_023

ウエストだけのダイエットは不可能だと思ってしまうかもしれませんが、私はウエストを集中的に痩せる方法に成功しました。食事の制限とかはもちろん有るのですが、それ以上に毎日続けていた事が有ります。それは、ウエストにシェイプアップベルトを付けて、そのまま1日1時間ほどエアロビクスとかをする習慣を付けました。自分の好きな音楽を掛けて好きな時間帯に体操をしました。そうするとシェイプアップベルトを付けている部分だけがとにかく汗を掻いてびしょびしょになるので、体操をする度に少しだけ細くなった気がします。

でも実際には未だそれだけでは細くはなっていないのですが、それを毎日続ける事、そして毎晩寝る時にも家でゴロゴロしている時にも、とにかくウエストにシェイプアップベルトをギュッと巻いて過ごしたり寝たりするようにしました。ただ、痛みが出るほど無理やり巻き付けて寝てしまうと体の調子が悪くなってしまったりするので、それだけは適度を守っていましたが、そうして数ヶ月続けるとウエストが徐々にスマートになって来ました。

少しスマートになると嬉しくて、もっと続けてみようと思うのでよりやる気が沸いて来て、もうちょっと痩せたいなと思うようになり、初めは63cmだったウエストが数ヶ月で58cmになりました。私がしてみて思うのは夏場にすればもっと汗を掻きやすくなるので、冬にするよりかは春から夏に掛けてウエストダイエットはした方が効率が良いかな、と思いました。でも本当に1日1時間の体操と、その後シェイプアップベルトを付けて家の中では生活をしたり、寝たりするだけで数ヶ月で細いくびれが手に入るので簡単だし、ウエストを細くしたい人にはお薦めです。

ジムに入会をして運動をして痩せようと試みる

私が20代半ばの頃に痩せたいと思っている時期があり、運動はあまり好きではなかったけれどもジムに入会をして会費を支払ったら、それだけ本気になって取り組めるのではないかと思ったことがあります。全国展開をしている有名なスポーツジムに入会をして月7,000円を支払って、運動をすることにしました。 仕事がハートでしたが、仕事終わりと休みの日にジムに通い、一週間でトータルをして3回ぐらい合計で1時間半ぐらいの運動を行いました。 自転車のペダルこぎ運動、ウォーキングマシーンなど有酸素運動を中心にやっていて、かなり体を動かしている実感がありました。 運動をする前後で体重を計測すると2㎏ぐらいは違うこともあり、汗が出ていて痩せる効果もあると実感していました。

しかし運動をするとお腹がすいてしまって、ついついこれだけ運動したから良いかと思って食べすぎてしまうことがありました。 一時的には体重は減り、引き締まって見えるようになり、周りの人からは「痩せた?」と言われるようになりました。 その時にはこの方法でやっていこうと思っていたのですが、4ヶ月ぐらい経つとジムに通うのがしんどくなり、その間にすぐにリバウンドして元の体重に戻ってしまいました。

運動をしていても一時的ではなく維持しないと意味がないと思いましたし、続けていくことはなかなか難しいし、ジム通いも大変だなという風に思いました。 頑張ったわりにリバウンドをしたので、ショックでした。

骨粗しょう症が気になる人にはビタミンDのサプリメントを

ビタミンDは、人間の体に欠かせない何種類かのビタミンのうち、丈夫に骨をつくるために必須の存在です。骨が脆くなる骨粗しょう症の予防に、ビタミンDと、カルシウムを摂取することが重要であるとされています。体内で必要とされているビタミンには何種類かがありますが、その中でも骨の健康のために必要な成分がビタミンDです。骨粗しょう症は、更年期になるとリスクが高くなると言われているために、ビタミンDを摂取して予防しておくことが推奨されます。

ある程度年をとって、更年期障害と思われる身体のトラブルが実感できるようになる頃には、サプリメントを使いたいものです。ビタミンDには免疫に作用するので、花粉症などにも効果が期待できる栄養素として知られています。ネットの口コミサイトでは、ビタミンDを摂取したことで風邪が治りやすくなったり、花粉症が軽くなったりしたという体験談が投稿されています。普段食べているものだけでビタミンDを補うことは困難なため、ビタミンDのサプリメントを使っているという人は大勢います。

ビタミンDは、太陽光を浴びることで体の中でつくることができるという、ビタミンの中でも特徴的な面のある成分です。太陽光の下で活動をすることは滅多にないという人は、ビタミンDのサプリメントを活用する必要があるでしょう。環境的に、太陽光の下に出る時間がほとんどないという人がいますが、体内でビタミンDをつくることは、ホルモンの分泌を整えることと同じくらい大事なことです。ホルモンのように体調を整えてくれるので、必要を感じたらサプリメントで摂取するといいでしょう。

体臭や口臭が気になる人にはローズのサプリメントがおすすめ

ローズ成分が入ったサプリメントで気品あふれる女性にランクアップすることができます。いくら注意していても自分の体臭というのは気づきにくいものですが、エチケットとして口臭や体臭に気を使うのは大切です。けれども、口臭や体臭は、ちょっとした行為や食事や身体のコンディションによっても左右されます。

自身の臭いが気になるという人の間では、ローズの成分を配合したサプリメントで、体臭を変えるという方法が注目されています。バラの香りの元になっているアロマオイルが、ローズサプリメントでは用いられています。ローズサプリメントを普段から摂取していると、口臭や体臭をバラの香りでマスキングすることが可能になってきます。

口臭や体臭で悩んでいる方には、ローズ成分が入ったサプリメントはうってつけのアイテムだと言えるでしょう。ローズは昔から世界中で美しくなるためのアイテムとして使われてきており、ローズ系の成分が入ったサプリメントは美容効果も期待できます。ローズの成分を摂取することで、女性ホルモンの活動が活発になったり、お肌がしっとりとみずみずしくなったり、血流が良くなったりします。

今よりもなお美しい女性になるための手段として、ローズの成分からつくったサプリメントが役に立ってくれます。サプリメントを摂取するという簡単な行為で、体質が改善されることがバラのサプリメントの魅力です。食事内容を変えたり、運動を続けることは、結構大変なものです。仕事や家事に忙しく、食事改善や運動に思うように取り組めないという人には、飲み続けるだけで効果が出るというサプリメントの存在は便利です。

 

万病薬として知られるプロポリスが配合されたサプリメント

古くから万病薬として使用されているプロポリスは、健康に役立つ成分として有名です。健康的な体作りに効果が期待できるプロポリスは、サプリメント商品としても数多く販売されています。プロポリスとは、ミツバチによって作られる天然由来物質の事で、天然の抗生物質とも呼ばれることがあります。

ミツバチは、巣を腐敗やウイルスから守るためにプロポリスをつくっており、もともと樹液や花粉に、ミツバチ自身が分泌するホルモン物質で生成されているものです。ただし、日本にいるミツバチはプロポリスに相当する成分をつくらないことから、プロポリスは海外から仕入れるしかありません。病気にならないための物質だというのは、プロポリスには殺菌力があるためです。

ミツバチが高温多湿の場所でウィルスや細菌などから巣を守る事が出来るのも、プロポリスに強い殺菌能力があるから可能なのです。ミツバチが作り出すものとしては、蜂蜜やローヤルゼリーもプロポリスと同様ですが、栄養素の含有量が異なり、採取出来る量も圧倒的に違います。

プロポリスのフラボノイドの含有量はとても高く、抗菌や抗ウィルス作用などはもちろん、抗ガン作用の研究も進められているそうです。ただし、プロポリスは独特の風味があり、未加工の状態では食べにくいものです。そのため、プロポリスはサプリメントの形に加工されて摂取されます。ソフトカプセルに加工されたサプリメントを使うことで、味や香りを感じずにスムーズに摂取することができるようになります。原料の調達経路や、加工の各段階、配合されている成分など、様々な点からサプリメントを吟味して、自分のこれからに合うプロポリスのサプリメントを探してみてください。

目のトラブルにおすすめのルテインはサプリメントで摂取できる

目のために、サプリメントでルテインを補給している人は多いようです。ルテインという成分は美容や健康に関する雑誌やサイトでよく見かけることと思います。目のコンディションが気になる人は、ルテインのサプリメントを使うといいといわれています。普段の食事からルテインの多いものを食べるというのもいい方法ですが、より確実性を期すならばサプリメントが役立ちます。年をとっても目の病気にかからないようにするには、ルテインが体の中で不足しないように、十分に補ってあげることが重要です。

ルテインは、視力を維持している黄斑部に特に多く存在しています。ルテインが少なくなると加齢黄斑変性などが起きやすくなるといいます。目は、異常が起きてもしばらくはわからないことが多いので、度々は健診などで目の検査を受けて、サプリメントでルテインを摂取することを実践しましょう。アメリカでは失明原因のトップが加齢黄斑変性症となっており、積極的にルテインを摂取する事が推奨されています。毎日の食事メニューを変えながら、ずっと必要な栄養素の割合を考え続けることも、とても大変なものです。日々の食卓とは関係なく、ルテインが多く摂取できるようにしたいという場合は、サプリメントが有効です。野菜を剥いたり、切ったり、煮たりする必要がなく、食べる量をコントロールしなくても、ルテインサプリメントなら確実にルテインが摂取できます。出張中や、外食ばかりしている時でも、サプリメントなら持ち運びが簡単ですから、出先や仕事の合間にも、ルテインが確保できます。

セルライトが出来て悩んでいる人におすすめのサプリメント

気になるセルライトを減らす効果を摂取するために、サプリメントを使う人が多いようです。少し前まで、サプリメントで摂取する栄養素はビタミンやカルシウムでしたが、今ではあらゆる栄養がサプリメントになっています。サプリメント商品は年々進化しており、健康のためのサプリメントだけでなく、体の悩みを解消してくれる商品もあります。最近では、サプリメントを使ってセルライトを減らそうとしている人もいて、セルライトを燃やす成分を含むサプリメントが人気です。セルライトを減らす手段として、基礎代謝が高くなる栄養素をサプリメントから補給するという方法も知られています。

脂肪分と、老廃物が混ざり合ったものがセルライトで、お尻や太ももによく現れるものです。多くの人が気にしているセルライトは、お尻や、太ももなど皮下脂肪が多い場所にできやすく、オレンジの表面のように皮膚がごわごわします。サプリメントを使ってセルライトをなくすという方法の他、リンパマッサージをして代謝を上げるなどでセルライトを減らすことが可能です。セルライトのサプリメントとして販売されている商品に含まれている成分には、体脂肪の燃焼を促進したり、基礎代謝をアップさせる成分が入っています。

サプリメントで摂取できるセルライト除去効果がある成分はたくさんありますので、一つに絞りきれないという人もいるようです。口コミで評判のいいサプリメントを探したり、実際にサプリメントを使ってみた人のレビューに目を通すなどして情報収集をしてみてください。口コミサイトや、レビューサイトでは、セルライトを減らしたくてサプリメントを使った人がどんな結果が得られたかなどを知ることができます。

メタボ対策で健康とダイエットの一石二鳥を目指す方法

肥満体型の人を、メタボというのだと勘違いしている人も多いですが、太っていればメタボとは限りません。ただ太っていればメタボだということではなく、高血圧や高血糖、高脂血症などのいくつかの条件も含んだ上での診断になります。血圧の高さや、血糖値の高さは、太っている人ほと上がることが多いため、大まかなイメージとして認識している人もいます。

いわゆる中年太りが生活習慣病の原因につながるということで、その対策をしようと広まった言葉がメタボなのです。同じような体重でもメタボ体型の人は、動脈硬化や心疾患、脳卒中など、命にかかわる病気につながる危険性を持っています。

メタボになるのは、運動量の少ない生活や、カロリーの高い食事を続けていることが関係しています。アルコール摂取は抑制することや、積極的に体を動かすよう促すこと、バランスのいい適度な食事をすることが大事になります。最近は、たばこはもともと吸っていない人もふえています。また、薬に頼らず済むならそのほうがいいでしょう。ダイエットと同じ考え方で、メタボ解消に取り組むのがおすすめです。体にいい低カロリーの食事と、運動を習慣づけることを重視しましょう。

ぽっこり出たおなかを解消するには、脂肪肪燃焼を促進するためにウォーキングや腹筋運動などがおススメです。食生活では、まず不規則な食事時間を改善して、高タンパクそして低脂質の食事内容に見直して、野菜を積極的にとることが大切です。もしも、メタボ対策を実践するなら、長い時間をかけて取り組むつもりで計画を立てて、地道な努力を続けていくようにしましょう。

運動が苦手な私でもできたダイエット それは!

体を動かす事が苦手な私が唯一続いたダイエットがプランクチャレンジです。これはお腹のお肉が気になる方にお勧めです。 プランクとはうつ伏せになり肘とつま先で身体を支える体幹を鍛えるトレーニングです。この時腰が反ったりしないようにお腹を引き締め頭からかかとまで一直線になるように意識します。

この状態をできるだけ長い時間キープするだけで、腕や胸の筋肉、腹筋といったほぼ身体の前面全体の筋肉を使います。 腹筋や腕立てをするのは辛いですがこれならじっと耐えるだけなので簡単です。 プランクチャレンジは30日間の間でプランクをしている時間をどんどん長くしていくのですが、初めは10秒もすれば身体がプルプルしてくるぐらいきつかったので、時間は気にせず自分ができる時間だけやっていました。

力がついてくればどんどん長い時間できるようになります。とにかく続けられるように無理はしませんでした。 1日1回でもいいですが私は時間は短くてもテレビのCM間や音楽を聴きながら1日に何回かやっていました。 今は音楽を一曲聞くぐらいなので4-5分はできます。なのでおかげでお腹はけっこう引き締まってます。

体重の変化はありませんが引き締まっているので、周りの友人からは痩せていると言われます。 食事制限などをして体重を減らしても皮下脂肪のプヨプヨした身体よりやっぱり引き締まった身体の方がかっこいいし健康的です。 お腹の引き締めだけでなく体幹を鍛えるので姿勢も良くなりますし、バストアップにもなって本当にやってみる価値ありだと思います。

有酸素運動の効果と方法について

私は社会人になり付き合いでお酒を飲む様になり暴飲暴食が進み体重が増加しました。そのために本格的なダイエットを始めました。私の行なったダイエット法は有酸素運動をメインにした運動です。2ヶ月で10キロの減量に成功しました。食べる事が好きな私が食事制限で減量出来るとは思わなかったので、運動でカロリーを消費すれば食べても痩せる事が出来るだろうという気持ちでチャレンジしました。

有酸素運動とは、水泳やジョギング、ウォーキングなど長時間の緩やかな運動の事です。私は職業柄残業が多く運動時間を作るために、毎朝歩いて会社に行きました。いつもより早起きする事で寝る時間が早くなり、朝の運動で集中力も向上しました。朝の運動が一番良い事を聞いて運動のタイミングを朝に設定したこともダイエット成功の一つの要因だと思います。

たまに余裕がある時には歩いて会社に帰ったりもしました。距離でいうと歩いて1時間半ほどの距離です。雨の日や風の強い日などは自宅で筋トレを行いました。筋トレは無酸素運動で脂肪を燃焼させるというよりは筋肉をつけるダイエット法でしたが、毎日運動をするという習慣を付けるために行いました。

ダイエット成功をする為にはなにより継続して行う事が肝要です。有酸素運動も20分以上続けて効率的に脂肪を燃焼してくれます。無理せずに行う事を念頭に毎日20分以上の有酸素運動とダイエットをしているという意識を持つ事が私の減量成功の鍵でした。